*

節分イワシ

公開日: : 仕事

もう間もなく節分ですね。

今では、節分と言えば『豆まき』そして『恵方巻き』となってしまい、残念ながらイワシの出番はほとんど無くなってしまっているような気がします。

我家では干物屋故いまだに、玄関や仕事場の入り口に、柊に刺したイワシの頭を飾っています。

そもそも、なぜイワシの頭なのでしょうか?

まず、節分の習慣自体は中国から伝わったものとされていますが、節分イワシは日本的な文化だと思います。

柊鰯(ひいらぎいわし)は、節分に魔除けとして使われる、柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したもので、主に西日本でイワシを食べる習慣があるそうです。

最も古い記録は935年の平安時代と言われており、 江戸、明治と、約1000年以上も日本に伝えられる風習の一つです。

古くから日本にある風習の一つに、「門守り」というものがありますが、家の門口につけて、病魔など邪悪なものの侵入を防ぐもののことです。

「鰯」の頭を柊に刺して戸口などに下げて邪気を払い、塩いわしを焼くときのもうもうとした煙でいわし臭くなった家には鬼も寄りつかなくなり、また悪い霊が迷いこむのを防ぐということです。

「鰯の頭も信心から」(イワシの頭のようなつまらないものでも信仰の対象にしている人には、尊い神仏と同じように霊験あらたかに思われる、という意味)ということわざもこの風習からきているそうです。

では、なぜ柊イワシの組合せなのでしょうか?

それは、昔から臭いのきついものや尖ったものを厄払いに用いる習わしがあり、
鬼は鰯の頭の匂いが嫌いで近寄ることができず、また近寄ったら柊の葉の棘で目をつつかれて、嫌がって逃げていくからだということで、昔から厄祓いとして効果があると伝えられてきました。

ただ、柊鰯(ひいらぎいわし)について書かれた文献の一つに土佐日記があるとのことですが、この時は今の姿とは違い、注連縄(しめなわ)に柊の枝と「なよし(ボラの子)」の頭を刺していたと記録されており、 これが、いつなぜ鰯になったのかというのは定かになっていないそうです。

また、タウリンやDHA、カルシウム、鉄分などの重要な栄養を豊富に含んでおり、いろんな病気の予防などにも大変効果的とされています。

その鰯を節分に食べることで健康や無病を願うという意味合いもあるのかもしれません。

矢口商店 EC Shopはコチラ

関連記事

no image

学生時代の居酒屋にて

学生時代、よく居酒屋で安くてボリュームのあるメニューとして 好んで食べていたホッケ開き。

記事を読む

no image

追加生産!

売り切れになっておりました当店の人気干物 サバ灰干し! 製造致しましたので、どうぞご利用

記事を読む

no image

どんちっち!!!

    お久しぶりです。 約1年ぶりにアジの開きを販売できる目

記事を読む

no image

お魚の違い

当店の干物で、サバが 国産物と外国産物(ノルウェー)があります。 主に、国産物は、和だし

記事を読む

no image

やっと決まりました。

長いこと原料不足の影響で、 セット干物の内容が決まりませんでしたが、 ようやく決まり間も

記事を読む

no image

偽装について思うこと

最近メディアで大手ホテル等一流どころでの食品偽装が良くメディアで取り上げられていますが、

記事を読む

no image

美味いは、大変!

当店の作業工程をご覧いただいた方(主にお取引先のご担当者様や同業者様) より、よくこのような事

記事を読む

no image

成人病にならない体つくり

日本人にとって魚は、遠い昔から動物性タンパク質の供給源として、 重要な栄養食品でした。

記事を読む

IMG_2468

今が最高級!!

ただでさえ冷凍物の扱いで手が冷たい作業が真冬の時期は、 ホントに過酷な作業になります。

記事を読む

no image

送料半額!!!!

早いモノで今年も残りわずかとなりました。 昨年大好評だった御歳暮期間限定企画! 送料半額

記事を読む

矢口商店 EC Shopはコチラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

矢口商店 EC Shopはコチラ

no image
久しぶりの投稿です。新アイテム発売間近!!

久々に、ブログ投稿いたしました。   ここ数年よ

DSC_0168 (1)
機械の力

当店でも今後の事を考えて様々な知識を入れとかないといけないかなと

IMG_2529 2
やっぱり銚子産ですか?

最近、当店には色々なお客様がお見えになります。 昨年からの魚価の

IMG_2202 2
過去最高!

  先日、これまでの受注記録を大幅に更新するお問合せを

IMG_1954
母は手軽で、子供は喜ぶ!

赤魚のサンプルを切ってみました。 なかなか品質は良いモノかと思い

→もっと見る

PAGE TOP ↑